スポンサーリンク

ポップスとクラシックで見る音楽の速度記号

知識、雑学

テンポってありますよね。

どのくらいの速さでその曲を演奏するかという目安ですが、ポップスとクラシックで表記や考え方が変わります。

その辺を解説してみます。

理論の捉え方は「音楽理論には曲の3歩後ろを歩いてもらおう」を参考にしてみましょう。

ポップス

色々ジャンルはありますがシンプルにポップスとします。

よく見るのはこんな記号。

♩=120

見た事ありませんか?

これは「1分間に四分音符が120個入る速さですよ」という意味です。

この♩=○○の○○部分に入る数字が大きいほどテンポが早いという事ですね。

シンプルですね。

クラシック

お次はクラシック。

こっちはポップスとは全く違います。

あくまで「一般的な目安」として捉えてくださいね。

クラシックは以下の様になります。

Largissimo-Largo-Larghetto-Adagio-Adagietto-Andante-Moderato-Allegretto-Allegro-Allegrissimo-Vivace-Vivacissimo-Presto-Prestissimo

これらの読み方は、

ラルギッシモ-ラルゴ-ラルゲット-アダージョ-アダージェット-アンダンテ-モデラート-アレグレット-アレグロ-アレグリッシモ-ビバーチェ-ビバチッシモ-プレスト-プレスティッシモ

速さは、

ラルギッシモが一番遅く、モデラートが中間くらい、プレスティッシモが一番速い

テンポに変換すると、

ラルギッシモが♩=40〜50ほど

モデラートが♩=108〜120前後

プレスティッシモが♩=192〜208ほど

こんな感じです。結構幅広いですよね。

まとめ

クラシックは曲途中でテンポがガラッと変わるのでポップスほど最初にカッチリとテンポは決めておくという概念が無いです。

むしろ雰囲気を伝える感じです。Largoは「幅広く、緩やかに」という意味になるのでその様にすると必然的にテンポも緩やかになる、といった感じですね。

クラシックは母国語で譜面が作られたりしてますので、最初はどう読めば良いんだ?と困るかもしれませんね。

でも焦らず1個ずつ理解すれば必ずわかる様になりますよ。

テンポと密接なリズムは「空いた時間にサッとできるリズムトレーニング」でも紹介してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました