スポンサーリンク

音楽の著作権って実際どういう事?

知識、雑学

音楽著作権、と言っても何の事がよくわからないですよね。

わかりやすく解説してみます。

ちなみに上の画像は著作権フリーです。

そもそもは楽曲を守るための著作権という権利

主な著作権管理団体としてはJASRACやNEXTONEが有名で、音楽の権利を管理している団体となります。

管理依頼の楽曲使用があった際に、使用者から使用料を徴収して権利者に還元する仕組みとなっています。

作者が使用した所と一つ一つやり取りを行うのは大変労力がかかりますので、管理団体に委託しています。

世に出す楽曲は全て管理されているのか?と言うとそうではありません。

フリーBGMやインディーズで活動されてるアーティストさんの楽曲は、著作権管理団体に管理を委託していない楽曲が多数あります。

絶対に管理を委託しないといけない、申請しないといけないと言うわけではないんですね。

著作権の種類は一つじゃない

作品をCDにして販売した場合でも、様々な権利がCD1枚に含まれています。

・作詞、作曲、編曲した人の権利

・歌う、演奏する、録音する環境を作る、原盤を製作した人の権利(原盤権)

・プロモーションなどを行なったレーベルの権利

・流通や販売網の卸、ショップの権利

実はこんなに含まれてるんですね。

CDが売れた時には権利を持っている色んなところにお金が行く様になっています。

権利関係は細分化される

上記の様に1曲でも多数の人が権利に関わってくるのでそれぞれに権利があるんです。

ストリーミングサービスでも、「あれ?この人の一番有名な曲が無いな」という時はどこかで権利NGが出てる可能性があります。

例えば作曲した人がAさん、演奏して音源にしたのがBさんだったら楽曲の著作権はAさんになり、原盤権はBさんが持つ事になります。

カバー曲の動画配信はOKなの?

結果から言うと問題ないのですが条件付きで、「原曲を一切使用していない物」に限ります。

つまり自分で作ったものならOKという事ですね。

Youtube、ニコニコ動画はJASRACと包括契約を結んでますのでその辺はOKみたいですね。

包括形契約=本来なら複数となる契約を、一つにまとめて一括契約すること。

わからない時は各会社へ問い合わせてみましょう。

結婚式に有名な曲は使ってもいいの?

昔は何の規則もなく使われていましたが、最近は結婚式で使用する楽曲を管理するアイサムという団体ができています。

原曲を利用している、という部分からでしょうね。

ただ結婚式使用については、まだ地盤が固まっていない印象です。

フリーBGMはどういう扱い?

フリーというくらいなので著作権は発生しません。誰でも自由に使えます。

ただ動画に使った場合は動画の内容、フリーBGMの配信サイト規約によって内容が異なるので規約を読んでおきましょう。

自分も著作権料を払う!?

自分が作った曲を管理団体へ預けたら自分も著作権使用料を払わなくてはなりません。

厳密には権利の中にある「録音権」という物を預けると録音した「自分」も著作権を「使用した人」とカウントされ使用料を払う必要があります。

預けない事もできますが、ほかで使用する際には一つ一つ交渉する必要が出てきます。

まとめ

音楽制作以外でも自分で作品を作る時や、作品を使用する場合はざっくりとでも分かっておくと良いです。

パブリックドメインの曲は著作権が消滅してるので許可は不要ですが、「パブリックドメインの曲を誰かが演奏している」となると演奏している人の権利が関わってきますね。

アプリGacha Lifeのメインテーマ「Breakfast is ready」

「ちいさな上映会」BGM制作 ユジク阿佐ヶ谷

過去で紹介している↑の曲はフリーで公開してるので誰でも使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました