スポンサーリンク

フリー音源を公開する事について

音楽制作全般

約100曲ほど公開してますが、結果から言うとフリー音源の公開はやって良かったと思ってます。

それはなぜか?理由と感想を書いて行きます。

ちなみに今フリーで配信してるのは、DOVA-SYNDROME、ニコニコ動画、SoundCloudです。

「アプリGacha Lifeのメインテーマ「Breakfast is ready」制作」はストリーミングで高音質Ver.も配信してます。

自分の楽曲が使われてるのが楽しい

主に使われる媒体は、

・動画

・映画

・劇

・アプリ

・ゲーム

・ラジオ

・CM(リアル、WEB)

・文化祭

・ファッションショー

・コント・・・etc

ご報告頂いてる物でも結構あります。

作曲した作品の使用場面をリアルで見ると楽しいですし、制作のモチベーションがグッと上がります。

フリー音源公開のメリットデメリット

メリット

・リアルに自分の音源が使われてる場面が見れる

・Googleアドセンス(DOVA-SYNDROME)、ニコニコポイント(ニコニ・コモンズ)で収益化できる

・プロモーションになる

デメリット

・今の所特に思いつかない

使われやすい曲とそうでない曲

ポップで爽やかな曲、元気な曲、日常系は動画に使われやすいです。

ジャズやクラシックは映像作品。

BGMでなく「インスト」だとあまり使われない感じです。

インストは映像に合わせる前提で作ってないので使いにくいかな、というのが感想です。

フリーで音源公開する事への姿勢

フリー音源公開の作曲にあたって意識、目標にしていたのは2点だけです。

一つは「有料以上のクオリティとオリジナリティ」です。

「え?これが無料でいいの??」と言うレベルの作曲を意識してます。

もう一つは「ニッチでも場面やイメージを具体化して作曲する事」です。

何となく作ると聴く人にも伝わるので、作曲する筋肉みたいな物を鍛えたかったんです。

まとめ

作ったらどんどん世の中に発信した方が良いと考えてます。

市場から遠慮のないフィードバックが得られるので。

作曲の練習の場としても活用できます。

「このジャンルを作れる様になりたい!」で作曲して、公開してさらにマネタイズできたら全然良いと思います。

「フリー公開じゃなくてしっかりマネタイズしたい!」なら音楽配信も選択肢の一つですね。

今は無料でも全世界へ配信できます。

「Frekul(フリクル)とTuneCore Japanの違い」で無料配信の事を記事にしてますので読んでみてください。

最近作曲していて気をつけているのは「出し惜しみしない」事です。

良いメロディが作れると「もっと良い場所で公開、販売した方が良いんじゃないかな」と考えてしまいがちです。

「鉄は熱い内に打て」と、ことわざでありますが、曲も「熱い内に出せ」みたいに考えてます。

自分の中でその曲に対する熱があって、冷めるとどうやっても熱かった時のエネルギーで取り組むのはできないんですよね。

「暖めておく」のと「出し惜しみする」とは違いますので、気をつけて行きたい所です。

作曲のネタ作りは「曲のイメージを作るand膨らます方法」も参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました