スポンサーリンク

Logic Pro X アップデート

レビュー

どうもこんにちは。

Logic Pro X アップデートされましたね。

今回はかなり大規模にアップデートされたので特徴まとめます。

サンプラーが新しくなった

以前よりEXS24がサンプラーとして装備されましたが、新しくなりました。

これは嬉しいですね。

何せ前のEXS24はかなり古くあまり使い勝手が良いとは言えなかったので。

ドラック&ドロップで素材を放り込むと勝手に読み込んでくれます。

※読み込む際「optimize」を選ぶと空白などを除き最適化してくれます。

プリセットも沢山入ってますね。

サンプラーとしては後に記載するクイックサンプラーの方が良いかな?と思ってます。

Quick Sampler

オリジナルに新しく追加されたプラグインです。

その名の通り早く使えるサンプラーです。

こちらもドラック&ドロップで素材を放り込むと勝手に読み込んでくれます。

※読み込む際「optimize」を選ぶと空白などを除き最適化してくれます。

ただ読み込むで演奏すると低い音はゆっくり、高い音は早くなってしまうので、

○のFlexマークを反転させておきましょう。

追加○部分のPlaybackでreverseを選べば逆再生も簡単にできます。

「SLICE」を黄色く反転させると自動的に区切りのいい所で切ってくれます。

ドラムシンセ音源追加

シンプルに音色追加です

○部分で音色やタイプを選択可能です。

Live Loops機能追加

Live Loopsは言ってみると「フレージングや構成など複数のパターンを書き込んでおく下書きスペースみたいな物」ですね。

ファイルの「テンプレートから開く」→「チュートリアル」で開くとわかりやすいと思います。

開くとこの画面。

通常のLive loopsの表示、非表示は、

○部分をクリック

同時に二つ表示させるとこんな感じ。

ちなみにLive loops側と通常のスクロールでは、どちらにもトラックが入って場合、

一方のみの再生となります。

「optipn +L」でショートカットで呼び出せます。

Live loopsで作ったパターンを右側にも持っていけます。

イメージとしてはLive Loopsで候補作って、採用したら右側へ移動という使い方が良いのかな、と思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました