スポンサーリンク

ウイルスと細菌の違いについて

インドアですが何か。

新型コロナウイルスが世界で猛威をふるってます。

自分も含めて影響を受けている方も多いのではないでしょうか。

ウイルスとは何か、細菌とは何かをまとめてみました。

細菌

〇〇菌と言われる物ですね。

・サルモネラ菌

・結核菌

・コレラ菌

などが挙げられます。

ウイルス

・インフルエンザウイルス

・ノロウイルス

・麻疹ウイルス

などがあります。

今回のコロナはインフルエンザウイルスの1種と言われてますね。

違いその①〜大きき〜 細菌とウイルスの違い

どちらも小さく肉眼では見えません。

細菌、ウイルスは下記の単位で表します。

μm(マイクロメートル)

nm(ナノメートル)=μm(マイクロメートル)の1/1000の大きさ

細菌

直径数μm(マイクロメートル)

0.001ミリ。

光学顕微鏡で見ることができる。

ウイルス

直径数nm(ナノメートル)

0.000001ミリ。

電子顕微鏡でないと見れない。

とてつもなく小さい。

電子顕微鏡はウイルスや染色体、DNAを見ることができる。

違いその②〜構造〜 細菌とウイルスの違い

細菌

DNA=遺伝情報の伝達機能

RNA=タンパク質合成機能

この2つを併せ持つ。

ウイルス

DNAかRNAどちら一方しか持っていない。

DNAウイルスは変異しずらく、増殖が遅い(天然痘ウイルスなど)

RNAウイルスは変異しやすく、増殖が速い(インフルエンザウイルスなど)

といった特徴があります。

違いその③〜人への感染と増殖〜 細菌とウイルスの違い

細菌

自ら細胞分裂して増殖する。

細菌が「生物」と言われるのも自分で増えることができるからですね。

ちなみに人間も日々細胞は増殖してます。

爪伸びたり、髪伸びたりがそうですね。

ウイルス

細胞に入り込み、利用して増殖する。

DNAかRNAどちら一方しか持っていない為、「自ら増える」という事ができない。

(分裂するエネルギーを生み出せない)

ウイルスは学者の意見で「生物かどうか曖昧」と言われるのは、

「自ら細胞分裂できないから」が理由として挙げられてます。

他者の細胞に定着→侵入→成長→細胞から放出

こんな感じで増殖します。

つまり自分の体の細胞を利用されてしまう訳ですね。

違いその④〜治療法〜 細菌とウイルスの違い

細菌

抗生物質の投与

細菌の細胞に直接作用させるか、増殖の抑制。

代表的な治療薬として「ペニシリン」が有名。

ウイルス

抗ウイルス薬の投与

治療薬はかなり限られている。

例え効いたとしてもウイルスが変異してしまうと効力がなくなる可能性がある。

違いその⑤〜代表的な感染症〜 細菌とウイルスの違い

細菌

・コレラ

・赤痢

・梅毒

・O157

・ジフテリア

・結核

など

ウイルス

・風邪

・インフルエンザ

・コロナ

・麻疹(はしか)

・エボラ出血熱

・おたふく風邪

・風疹

・狂犬病

など

まとめ

歴史を見るとこれまで何度も感染症の脅威に人類は直面してます。

世間では5GやAI、核の開発、宇宙にも進出して宇宙ステーションを作るまでに技術は進歩しているのにウイルスにはほぼ対抗措置がないのにびっくりです。

やはり普段から免疫を上げておくのが大事です。

少しは運動しないと。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました