スポンサーリンク

各国で違う?「ドレミファソラシド」の呼び方

知識、雑学

小さい頃に習った「ドレミファソラシド」

国によってどう違うのか?

色々混ざってややこしい

まず日本では色んな国の言語で表記されているのややこしい時があります。

例えば「ハ長調」は日本語ですがドレミ〜はイタリア語です。

音階名とキー、楽器名がそれぞれ表記や呼び方が違う場合があるんですね!

でも大丈夫です。

わからない時はこの記事を思い出しましょう。

音階名

ドレミファソラシド

イタリア語表記です。

一般的に一番よく使われてますね。

カタカナで表記されるのがほぼですが、書くとこんな感じ。

Do (ド)Re (レ)Mi (ミ)Fa (ファ)Sol (ソ)La (ラ)Si (シ)

ハニホヘトイロ

日本語表記です。

音階名だとあんまり使われませんね。

キー(調号)だと使われてます。

ドレミ〜を基準として考えた時の音の配列はこんな感じ。

CDEFGAB

英語表記です。

コード名としても使われるので、ギターやってる人は馴染み深いですね。

読みはそのまんま「シー、ディー、イー、エフ、ジー、エー、ビー」です。

音配列はこんな感じ。

CDEFGAH

ドイツ語表記です。

ほぼ英語と同じやんけ!!と思いますよね。

ん?でも最後H?

読み方も違うんです。

読みは「C (ツェー)D (デー)E (エー)F (エフ)G (ゲー)A (アー)H (ハー)」です。

クラシックには結構使われます。

♯がつくとどうなるの?

♯の場合は下の表になります。

(何か急に面倒そうになったなー読むのやめようかなー・・・)

ちょっと待って下さい!結構簡単ですから!今説明しますから!

イタリア語は「diesis(ディエージス)」が付くだけ!

日本語は「嬰(エイ)」が付くだけ!

英語は♯が付くだけ!

ドイツ語はisが付くだけ!(読み方変わるけど)

この中で一番よく使われるのは英語、日本語、たまにドイツ語ですかね。

イタリア語の「diesis」ほとんど見ないですね。

♭がつくとどうなるの?

♭はこんな感じ。

(また違う言葉出てきたよ、もう読むのやめようかな)

待って!♯と同じでシンプルですから!今説明するから!

イタリア語は「bemolle(ベモッレ)」が付くだけ!

日本語は「変(へん )」が付くだけ!

英語は♭が付くだけ!

ドイツ語はesが付くだけ!(読み方変わるけど)

やはりよく使われるのは英語、日本語、たまにドイツ語ですかね。

イタリア語の「bemolle」はあまり見ないですね、かっこいいですけどね、言ってみたいですけでね。

まとめ

そんな普段使わないだろー・・・とか思ってます?

確かに普段は見慣れないかも知れません。

ただクラシックのスコアとか見るとけっこう多言語出てくるんです。

馴染まない言葉が出てくると、「これ何て読むねん!」

と言いながら調べたりしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました