スポンサーリンク

メジャー?インディーズ? 何が違うのか。

インドアですが何か。

よく聞く「メジャーデビュー」や「インディーズレーベル」にはどういった違いがあるのか??

解説してみます。

まずはざっくり

かなり大雑把に言うとメジャーは組織的、インディーズは独自的。

具体的に見てみましょう。

物を売る場合

例えばCD、レコードで新譜を出すとします。

メジャー

会社独自の流通網を使い、全国的に物を流通させる。

○○件のCDショップで「欲しい!」と店舗側へ問い合わせがあれば、その店に卸す事ができる。

インディーズ

全国流通するには流通網を持っている会社と契約が必須。

契約しない場合は手売り(ライブやイベントなどの物販)

流通させた商品の売り上げ配分

メジャー

会社にもよりますが、売り上げの半分ほどは流通側の取り分。

残りをレーベル、アーティスト側で分配。

インディーズ

流通契約している場合はメジャーと類似する。

手売りの場合は100%レーベル、アーティストの取り分。

音楽制作現場での違い

「音楽の著作権って実際どういう事?」も参考にしてみましょう。

メジャー

レコーディング、マスタリング費用は会社で持つ事が多い。

その分「原盤権」と言う権利は会社側が保持する。

たまにもういないアーティストの物をレコード会社が物販で出しているケースがあるますが、

これは権利を所有している為売りに出す事ができます。

インディーズ

基本全て自分たちでやります。

エンジニアが欲しい場合も自分たちでブッキングします。

費用も自分たちで支払います。

原盤権は自分たちが保持します。

プロモーション

メジャー

各種媒体(CM、ラジオ、ネット、ビジョンなど)に会社側からアプローチします。

以前の時代ほどプロモーションにお金をかける企業は少ないですが、会社側が段取ります。

インディーズ

全て自分たちでやります。

費用も自分持ちになります。

どっちがいいのか?

ケースバイケースです。

「色々やってくれるしメジャーの方が良いんじゃない?」と思う方もいると思います。

契約の内容にもよりますが、メジャーレーベルと契約して騙された、収入が減ったと言ってインディーズに戻る方も少なくないです。

インディーズは売れた時の収入は良いですが、その分売れるまでの道のりは全部自分たちで作ります。

これからの時代

今は物を売らなくてもSpotifyやApple Musicなどの音楽配信で事足りてしまう事もあります。

CDは音楽を聴くツールからグッズ的な価値に変わってきているので尚更ですね。

広告もド派手に街頭ビジョンや看板を出す、ではなくネット広告が有効な時代です。

確かに資金力や各企業との繋がりが凄いところは一部メジャーの魅力です。(ソニーやエイベックスなど)

インディーズは「タイアップを組みたい!」としてもすぐにはできないので。

昔はメジャーデビューしないとみんなに知ってもらえなかったんですよね。

テレビがメディアのほとんどを握っていたので。

CMに出ない、音楽番組に出ない、レコード店に商品がない事はいないも同然で扱われてしまうんですね。

ただ今はネットが普及して、音楽番組も無くなって、音楽はデータで聞く時代です。

そう考えると「メジャー」「インディーズ」と言う垣根は今薄くなりましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました