スポンサーリンク

SYNTHOGY ( シンソジー ) / American Concert D 使用レビュー

レビュー

メインのピアノ音源でSYNTHOGY ( シンソジー ) / American Concert D を使用してます。

ブログ用にレビューします。

結果から言うとピアノソロで聴かせられる音

ピアノソロで曲を作る、アレンジする時はAmerican Concert D 一択です。

音の艶ややかさと低音の豊かさが素晴らしいからです。

American Concert D を使った後だと他がどうしても薄っぺらく聞こえてしまいます。

音色は少しブライトな感じです。

ジャンルを選ばずに使える印象ですね。

具体的にはどんな音源?

1951年製の「”New York” Steinway Model D」を収録したピアノ音源です。

音源の収録場所はカナダのケベック州にあるFrançoys-Bernierコンサート・ホールです。

1台で49GB。

容量が多い分、非常に繊細な音作りがでされています。

ハーフペダル、ペダルノイズも調整可能です。

サスティンが長く、減衰した最後の音まで収録されてます。

押しっぱなしで最大2分くらい鳴る音もあります。

正直1台あればかなり使えます。

ピアノ音源の中でも容量は多い

ピアノ1台で約50GBあります。

それだけ繊細でリアリティ追求してます。

他の音源と組み合わせて使った時にPCが追いついてこない場合がありますので注意です。

サブ的な役割でピアノを使うなら他を考えた方がいいですね。

ちなみ他viennaのオーケストラと一緒に使ってるとたまにオーバーロードで止まります。

プリセットが豊富

jazzやゴスペル、アメリカンロックまで網羅してます。

ただ好みの音にするには、EQや付属のリバーブのパラメーターをいじった方が良いです。

出音も弾く側かオーディエンス側かすぐ切り替えられます。

音色によっては音量が低い時があるので「Gain」をあげてみましょう。

DEMO

SYNTHOGYの他商品とどう比べるか?

SYNTHOGYからIvory II「GrandPianos」という別商品があります。

収録は、

  • Bosendorfer 290 Imperial Grand
  • German Steinway D 9′ Concert Grand
  • Yamaha C7 Grand

のピアノ3台が収録されてます。

どちらもとても素晴らしい音源なので優劣はつけ難いですが、

自分のニーズとして、

・より細かく繊細な音の表現ができるピアノ音源が1台欲しかった。

→American Concert Dの方が最大20段階のベロシティ・レイヤーが可能です。

弱〜強で20段階の細かい音色の変化があるという事です。(Ivory II「GrandPianos」は18段階)

・Steinway系のピアノ音源が欲しかった。

・安かった。

・1台あれば十分。

こんな感じの理由で購入しました。

まとめ

使ってる結果、ピアノをメインにした曲ならAmerican Concert Dがあれば十分ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました